ソフトバンク光を利用することで、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。提供されているサービスやインターネット上の意見から、その長所・短所を確認してみましょう。

ソフトバンク光を利用するメリット

利用開始までWi-fi機器を無料レンタルできる

どの光回線業者でも、一から開通工事を行う場合は、申し込みから利用開始まで1カ月以上はかかると記載されている場合がほとんどです。特に人気のある回線業者ほど工事も混み合いますので、利用開始までの期間が延びる可能性は高いでしょう。

また具体的にどの程度の期間になるのか、各業者を比較検討するのは多大な時間と手間がかかり面倒です。

ソフトバンク光であればこの悩みを解消できるでしょう。ソフトバンクでは申し込みから利用開始までの間、無線でインターネットを利用できるWi-fi機器(AirターミナルまたはPocket WiFi)を無料でレンタルすることができるからです。

今の時代、何週間もの間自宅でインターネットが利用できないのは非常に苦痛です。人によっては仕事に影響を及ぼす可能性さえあるでしょう。スマホをネット代わり利用すれば、その分通信料がかかりますし、フリーWi-fiを求めて外へ出かけるのは面倒です。それを無料で解決できるのは大きなメリットと言えます。

「おうち割り光セット」で携帯電話料金が毎月割引

ソフトバンク光とソフトバンクの携帯電話をセットで申し込むと、毎月の携帯電話料金に対して割引を受けることができます。

割引額は携帯電話のプランによって異なりますが、適用された場合は最低でも500円、最高で1,000円が割引されます。さらに契約者の家族に限り最大10人(10回線)まで割引されるので、家族にソフトバンクユーザーが多いほどお得になります。

「おうち割光セット」ならWi-fiと固定電話のサービスがセットで割引

「おうち割光セット」を受けるには条件があります。ソフトバンク光と携帯電話の加入に加え、以下の3つのオプションサービスに加入する必要があるのです。

3つのオプション
  • 光BBユニットレンタル
    ブロードバンドルーターのレンタルサービスです。
  • Wi-Fiマルチパック
    ワイヤレスでインターネットが使用です。サービス使用に光BBユニットが必要となります。
  • 固定電話サービス
    ソフトバンクの光電話サービスもしくはIP電話サービス、あるいはその両方に加入する必要があります。具体的には、以下の3プランの組み合わせから選択する形となります。

    1、ホワイト光電話
    2、光電話(N)+BBフォン
    3、BBフォン(M)

これらのオプションサービスは個々に加入した場合、最低でも月額1,500程度は必要となります。しかし、「おうち割光セット」が適用される際は、まとめて月額500円で利用することができるのです。

必須オプションサービス 合計金額
必須① 必須② 必須③ 通常 割引後
光BBユニット(467円) Wi-Fi
マルチパック
(990円) 固定電話サービス(0円~1,500円) 1,457円~2,957円
500円

ただ実質上、携帯電話の割引額が500円差し引かれる点は押さえておきましょう。

他社から乗り換えた際の発生費用を全額負担してくれる

他社からの切り替え時に気になるのが途中解約による違約金です。ソフトバンク光では他社サービス解約時に発生する諸費用を還元してくれるキャンペーンを実施していますので、その点を気にする必要はありません。対象となる費用は以下の通りです。

〈キャッシュバック対象費用〉

・違約金(解約金、解除料など)
・撤去費用
・他社モバイルブロードバンド端末(モバイルルーターなど)の代金未払い分

キャッシュバック金額は合計で最大10万円です。ただし他社モバイルブロードバンド端末代金の未払い分に対するキャッシュバック金額は42,000円が上限となります。

独自のインターネット回線が利用できる

ソフトバンク光では、別途申し込むことで「IPv6高速ハイブリッド」という接続方式を利用することができます。2つの接続方式を併用することで、回線が混雑している時でもスムーズな送信・受信が可能となるシステムです。

利用するには「おうち割光セット」でもご説明した「光BBユニット」をレンタルする必要があるものの、月額500円で快適に利用できるのであればコストパフォーマンの高い投資となり得るでしょう。

ソフトバンク光を利用するデメリット

余計なオプションに強制加入させられる可能性

ソフトバンク光では公式上、加入必須のオプションサービスはありません。しかし、いつの間にかオプションサービスに加入していて、予想以上の利用料金を請求されるという声があります。

一部のショップや代理店サイトでは、ソフトバンク加入の際にオプションを強く勧める、あるいは加入が必須だと案内するところもあるようです。申し込みの際には、不要なオプションがつかないか担当者に確認し、契約内容を念入りチェックする必要があるでしょう。

プロバイダを選べない

ソフトバンク光ではプロバイダを好きに選ぶことができません。ソフトバンクが運営するYahoo!BBというプロバイダで固定されます。

利用するプロバイダによって通信速度が変わる可能性がありますので、インターネット回線に詳しく自分でプロバイダを決めたいという場合はデメリットとなるでしょう。

サポートが繋がらない、対応が雑

ソフトバンク光で時折聞かれるのがサポート体制に対する不満です。電話をしてもなかなかつながらない、問い合わせをたらい回しにされた、質問する度に異なる回答が返ってきた。このようなネガティブな意見が複数見られました。

回線業者によって通信速度に大きな差がない以上、トラブルの際に信頼できるサポートが受けられるかどうかは非常に重要なポイントです。たとえスタッフ全体がそうでないとしても、担当者によって対応にバラツキがあるのはユーザーにとって不安です。

問い合わせに不安があれば、公式サイト上でチャットサポートを利用してみると良いかもしれません。実際に利用してみたところ、細かい質問に対しても数分で回答があり内容も端的で明快なものでした。文面での対応となるため、何かあった際の証拠として残すこともできるでしょう。

各地域ごとにソフトバンク光よりいい回線はある

私は広島の一戸建てに住んでいますが、ソフトバンク光の営業を受けてフレッツ光の乗り換えを検討しました。その際に、ドコモ光やメガエッグなども一緒に調べましたが、ソフトバンク光と比べると料金も安く、評判も良かったです。

私の場合は、テレビ、電話、ネット、電気の4サービス加入で割引が効く事からから最終的にはメガエッグで落ち着きましたが、広島(中国地方)以外でもソフトバンク光を選ぶより良い選択肢はあると思いますので探してみた方がいいと思います。

メガエッグに関する利用者の口コミ評判がまとめられているページがありましたので載せておきます。中国地方の方は参考になると思います。メガエッグの良い評判と悪い評判