ソフトバンク光には、オプションサービスとして光回線を利用したテレビサービスがあります。今回はソフトバンクのテレビサービスの概要と利用のメリットデメリットについてご説明します。

ソフトバンク光テレビとは

ソフトバンク光テレビは、スカパーJSAT(株)の提供する放送サービス「テレビ視聴サービス」と同時契約することにより、地上・BSデジタル放送が受信できるようになるオプションサービスです。

ソフトバンク光テレビのコースと料金

ソフトバンク光テレビは月額制のサービスで、発生する費用は「テレビ伝送サービス利用料」と「テレビ視聴サービス利用料」の2つです。料金は以下の通りで、合計で750円を毎月支払うことになります。定額制のため、利用時間などで金額が変わることはありません。

〈ソフトバンク光テレビの料金〉
内訳 月額料金(税抜)
テレビ伝送サービス利用料 450円
テレビ視聴サービス利用料 300円

ソフトバンク光テレビ開設の初期費用

光テレビの導入時にかかる費用は「テレビ視聴サービス利用登録料」と「工事費用」の2つです。利用登録料は、1契約につき2,800円となっています。

テレビ視聴サービス利用登録料 2,800円(1契約ごと)

工事費は、接続するテレビの台数やソフトバンク光の回線工事とセットとで行うか、単独工事かで異なります。セット工事の方が費用を抑えることができますので、これからソフトバンク光を契約する場合は、同時に光テレビに加入するかあらかじめ検討しておくと良いでしょう。

〈ソフトバンク光テレビの工事費〉
テレビ台数 ソフトバンク光回線同時工事 テレビ伝送サービス単独工事
1台 12,000円 16,500円
2~3台 24,000円 28,500円
4台~ 24,000円 28,500円
※4台以降は1台追加ごとに5,000円加算

ソフトバンク光テレビのメリット

アンテナが不要

光回線でテレビを受信するのでアンテナ類の設置が不要です。「適した角度にアンテナを設置できない」「家の見栄えが悪くなるのが嫌だ」という方には大きなメリットです。

映像が安定している

アンテナで受信しませんので、電波状況の影響を受にくいというメリットがあります。台風や豪雨、落雷時などでも映像が乱れにくく、安定したテレビ視聴を楽しむことができます。

BSの全チャンネルに対応

アンテナ受信のテレビと同様に、地上デジタルだけでなく、BSの全チャンネルに対応しています。チャンネルによっては別途契約が必要になりますが、上記2つのメリットがある上にアンテナ受信と同じようにテレビを楽しめるのは嬉しい点です。

ソフトバンク光テレビのデメリット

月額料金がかかる

アンテナを用いたテレビ視聴であれば、アンテナの設置費用は発生するものの、月額料金は必要ありません。基本的に無料で視聴可能です。光テレビを利用する理由がないのであれば、あえて契約する必要はないでしょう。

視聴可能エリアが限定されている

ソフトバンク光テレビは利用できる都道府県が限られています。その数は全国合わせて27都道府県。該当エリアに住んでいない場合は加入できません。また、該当エリア外に移住する場合も利用ができなくなるので注意が必要です。

エリア 都道府県
東日本 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域
西日本 大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、愛媛県、福岡県、佐賀県の各一部地域

視聴できるプラン、配線方式が限定されている

東日本エリアでは、マンションタイプの場合、光配線方式でのみ利用が可能です。したがって、部屋までの配線方式がLAN配線方式や電話回線を利用したVDSL配線方式の場合は利用できない可能性があるのです。また、西日本エリアではファミリータイプ、つまり戸建ての場合のみ利用となっており、マンションなどの集合住宅は対応していません。

様々な番組を楽しみたいなら「ひかりTV」がおすすめ

ソフトバンク光で利用できるテレビサービスには「ひかりTV」もあります。ソフトバンク光テレビ同様に光回線を利用した受信方式なのでアンテナが不要です。地デジ・BSの他に、CSチャンネルやビデオオンデマンドも視聴できるのが特徴です。

ひかりTVの料金

ひかりTVのプランは4種類です。それぞれ内容と料金が異なりますので、視聴目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

お値打ちプラン テレビおすすめプラン ビデオざんまいプラン 基本放送プラン
月額料金 3,500円 2,500円 2,500円 1,000円
テレビ ・地上デジタル
・BSデジタル
・50以上の専門チャンネル ・地上デジタル
・BSデジタル
・50以上の専門チャンネル ・地上デジタル
・BSデジタル
・13の基本チャンネル ・地上デジタル
・BSデジタル
・13の基本チャンネル
見逃し配信 あり あり なし なし
ビデオ 約17,000本が見放題 一部の無料作品のみ見放題 約17,000本が見放題 なし

工事は不要だがチューナーが必要

ひかりTVは光回線が引き込んであれば工事は不要ですが、ひかりTVを受信するためのチューナーを設置する必要があります。レンタルの場合、別途NTTぷららとの契約が必要となり、月額500円のレンタル料金が発生します。すでにチューナーを持っている場合、またはテレビがひかりTVチューナー機能対応の場合はレンタル不要です。

チューナーレンタル料金 500円/月

ひかりTVの利用可能エリア

ひかりTVが利用できるエリアは以下の通りです。ソフトバンク光テレビが対応していないエリアもありますので、該当する地域の方はこちらを検討してみても良いでしょう。

〈ひかりTVの利用可能エリア〉
エリア 都道府県
東日本 北海道、宮城県、新潟県、栃木県、群馬県、茨城県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、石川県
西日本 愛知県、静岡県、大阪府、京都府、兵庫県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県
※すべての都道府県において一部地域を除く

2ねん割なら2ヶ月目まで無料&割引

ひかりTVには2ねん割という割引サービスがあり、申し込むと以下の特典を受けることができます。月額1,000円の基本放送プランは対象外ですので注意が必要です。

・利用開始月から2ヶ月目までは基本料金が無料
・3ヶ月目から24ヶ月目までは毎月1,000円が割引
・ひかりTVのサービスに使える「ぷららポイント」を2年間毎月540ポイント獲得

基本料金はソフトバンク光テレビより高額になるものの、初期費用を抑えることができる点も、ひかりTVのメリットと言えるでしょう。ただし2年以内に解約すると違約金が10,000円発生します。10ヶ月以上の利用であれば違約金以上の割引を受けることができますので、利用を検討する際は、最低10ヶ月の利用を前提にした方が良いでしょう。