ソフトバンク光へ転用する際には、新規での申し込みとは勝手が異なる点があります。ソフトバンク光に転用する際の注意点や転用までの流れをご説明しますので、転用する前の参考にしてください。

ソフトバンク光に乗り換える際の「転用」とは?

ソフトバンク光加入する際に「転用」の扱いとなるのは、回線をNTTのフレッツ光からソフトバンク光に乗り換える場合です。「転用」と呼ばれるのは、ソフトバンク光がフレッツの光回線を借り受けているからです。

つまり、回線は同じものを使用しながら契約先だけを変更するため、新規契約とは異なる扱いになるのです。

ソフトバンク光の新規と転用の違い

新規 フレッツ光以外の業者からソフトバンク光に乗り換えること
インターネットを利用していない状況で申し込むこと
転用 フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えること

ソフトバンク光に転用するメリット

利用料金が安くなる

フレッツ光のメインプランである「フレッツ光ネクスト」とソフトバンク光の月額料金は以下の通りです。

フレッツ光ネクストとソフトバンク光の料金比較
戸建て向けプラン 集合住宅向けプラン
フレッツ光ネクスト 5,700円+プロバイダ料 3,350円~4,350円+プロバイダ料
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
※フレッツ光ネクストの集合住宅向けプランは、同じ建物内で見込める契約数により料金が変動

フレッツ光ネクストは「2ねん割り」などの割引サービスを利用することで、戸建てなら最大1,100円、集合住宅なら最大400円月額料金が安くなります。しかし、1,000円前後するプロバイダ料を別途支払う必要があるため、トータルで見ればソフトバンク光の方が低価格で利用できるのです。

支払いをひとまとめにできる

ソフトバンク光は光回線とプロバイダがセットになっています。したがって、別途プロバイダを契約する必要はありませんし、個別に料金を支払う手間もかかりません。自分でプロバイダを選択できないデメリットはあるものの、特段のこだわりがないのであればメリットの方が大きいでしょう。

ソフトバンク光転用の初期費用

フレッツからソフトバンク光に転用する際の初期費用は、以下の2点です。

・契約事務手数料
・開通工事費

契約事務手数料は一律3,000円ですが、開通工事費はフレッツの利用状況によって異なります。現在フレッツ光ネクストを利用している場合は、すでに開通している設備をそのまま使用するため工事は不要です。当然工事費もかかりません。

一方、フレッツADSLなど、フレッツ光ネクスト以外のフレッツを利用の場合は工事が必要となる可能性があります。工事費は導入環境に応じてことなります。

ソフトバンク光転用時の初期費用

開通工事費 契約事務手数料
フレッツ光ネクストを利用中 0円(工事不要) 3,000円
フレッツ光ネクスト以外のフレッツを利用中 室外・室内工事 24,000円
室内工事のみ 9,600円
現地工事なし 2,000円

利用中のフレッツのタイプを調べる方法

自身が現在のフレッツのどのプランと契約するか調べるには3つの方法があります。

  • 契約時に受け取った「開通のご案内」を確する
  • 公式サイトのフレッツ光メンバーズクラブで「ご契約・ご利用情報」を確認する
  • コールセンターに問い合わせる
  • コールセンターの電話番号と受付時間は以下の通りです。「開通のご案内」を紛失してしまった、あるいはメンバーズクラブの会員になっていない場合は、電話での確認が最も手っ取り早いでしょう。

    ソフトバンク光コールセンター
    電話番号:0120-116-116
    受付時間:午前9時~午後5時
    土日・祝日営業(年末年始を除く)

    フレッツ・光プレミアムからの転用なら商品券が貰える

    NTT西日本が提供しているフレッツ・光プレミアムを利用中の場合、ソフトバンク光に乗り換えると5,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。期間は2018年12月3日(月)までです。
    ※チャットで問い合わせましたが、これ以外の特典はないとのことです。

    転用での利用開始までの流れ

    転用と新規では申し込みから利用開始の流れが少し異なります。しっかり確認して必要な手続きを忘れずに行うようにしましょう。

    ①転用承諾番号の取得

    まずNTTから転用承諾番号というものを取得します。これは文字通り、光回線の契約変更をNTTから承諾された証となります。ソフトバンク光の転用申し込み時に必要となるので必ず取得しておきましょう。取得方法は、以下の2つです。

    ・インターネットで取得
    ・電話で取得

    インターネットで取得する場合は、フレッツ光の公式サイトのサポートページから手続きを進めることができます。東日本と西日本で受付時間が異なりますので注意してください。

    転用承諾番号WEB取得受付時間
    NTT東日本:午前8時30分から午後10時まで
    NTT西日本:午前7時から翌日午前1時まで
    ※ともに土日・祝日も受付(年末年始およびメンテナンス時は除く)

    また、電話から取得する場合は以下の連絡先から手続きを進めてください。

    転用承諾番受付電話番号
    NTT東日本:0120-140-202
    NTT西日本:0120-553-104
    受付時間:ともに午前9時から午後5時まで

    転用承諾番号の取得費用は無料ですが、有効期限は取得してから15日間となっています。早めに転用手続きを済ませるようにしましょう。

    ②ソフトバンク光に申し込み

    ソフトバンクの希望のプランに申し込みます。インターネットまたは電話で申し込みが可能です。電話番号および受付時間は以下の通りです。

    ソフトバンク光新規受付センター
    電話番号:0120-981-072(通話料無料、携帯・PHS利用か)
    受付時間:午前10時から午後9時まで
    ※年末年始は休業

    ③「SoftBank光ご利用開始のご案内」を受け取る

    ソフトバンク光の利用に必要なID情報や契約情報が記載された案内がSMSまたは郵送で送付されます。

    ④フレッツ回線からSoftBank 光回線への切り替え

    先述したように、切り替え時に工事を行うかはフレッツの利用状況によって異なります。

    基基本的にはONU(モデム)やホームゲートウェイ(ONUとルーターが一体となった機器)はフレッツ利用時の物を継続して使用することができますが、ソフトバンク光に対応できないほど古い機器の場合や、選択したサービスによっては取り換えることになります。その場合、機器は工事日の前日頃に届けられます。

    ⑤ルーターの設定を行う

    ソフトバンクに変更すると自動的に契約プロバイダがYahoo!BBになります。それに伴い、ルーターなどの周辺機器への登録されているプロバイダID情報も変更しておく必要があります。これを忘れるとルーターを経由してインターネットに接続できなくなってしまうので、忘れずに設定しておきましょう。

    ソフトバンク光転用の際はプロバイダ解約が必要

    フレッツ光からソフトバンクに乗り換える際、フレッツ光で契約していたプロバイダは解約しなければいけません。先述したように、ソフトバンク光で利用できるプロバイダはYahoo!BBのみとなり、それ以外のプロバイダを引き継ぐことはできないからです。

    ソフトバンク光に申し込んだら、プロバイダの解約手続きも忘れずに行うようにしましょう。

    プロバイダ解約による違約金はソフトバンク光が補償

    契約しているプロバイダで違約金が発生する場合は、発生する費用が全額キャッシュバックされます(最大10万円)。

    ただしYahoo!BBをプロバイダとしている場合は対象外となります。なお、転用の場合はフレッツ光からの違約金は発生しません。解約ではなく契約変更という扱いになります。