当然ですが、インターネットの通信速度は速いに超したことはありません。そこで心配になるのが「ソフトバンク光は遅い」という意見。では実際にはどうなのか、通信速度に関する評判を集め、検討してみましょう。

ソフトバンク光の公式通信速度は?

ソフトバンク光には複数の回線タイプが用意されており、それぞれ最大通信速度が異なります。

〈ソフトバンク光の回線タイプと通信速度〉
エリア 回線タイプ 下り最大速度 上り最大速度
東日本 ファミリー(マンション)・ギガスピード 1Gbps 1Gbps
ファミリー(マンション)・ハイスピード 200Mbps 100Mbps
ファミリー(マンション) 100Mbps 100Mbps
西日本 ファミリー(マンション)・スーパーハイスピード 1Gbps 1Gbps
ファミリー(マンション)・ハイスピード 200Mbps 200Mbps
ファミリー(マンション) 100Mbps 100Mbps

どの回線でも料金は変わりません。したがって基本的には、設置環境で契約可能な最も速い回線タイプを選択することになります。

ソフトバンク光の回線は他社と同じ

ソフトバンク光の通信速度は、基本的に他社の通信速度と変わりありません。多くの光回線業者が最大通信速度1Gbpsを謳っています。その理由は、ソフトバンク光を含め、多くの光回線業者がNTTフレッツ光の回線を借用しているからです。つまり元をただせば基本的にまったく同じ回線なのです。これは「光コラボレーション」と呼ばれるビジネスモデルで、auやビッグローブなどの大手もシステムを利用しています。したがって、ソフトバンク光の回線だから特別に速い、あるいは遅いということは基本的にあり得ないのです。

公式速度と実際の速度は異なる

インターネット上で、サイトや動画などを閲覧する程度であれば、通信速度は10Mbps程度あれば十分だとされています。したがって、公式速度の1Gbpsという数値はオーバースペックともいえる程の高速度のはずです。
しかし、残念ながら実際に利用する際の通信速度はこれほど速くはありません。その理由は、ソフトバンク光の公式通信速度はベストエフォート時の速度だからです。

ベストエフォート方式とは

ベストエフォートとは、「最善の努力」という意味です。つまり、ソフトバンク光が掲げる公式速度は「最大限に性能が発揮されたときはこの速度が出ます」という目安に過ぎないのです。そして、実際の通信速度は利用環境によって変動し、最大速度が出ることはまずありません。もし、最大速度をイメージして利用している場合、実際にそれほど速いとは感じられず不満を持ってしまう可能性があります。これは他の家庭向け光回線業者の大半が当てはまる点です。

ソフトバンク光の速度に関する評判は?

実際にソフトバンク光を利用している人は通信速度についてどのように感じているのでしょうか。Twitterでの評判を確認してみましょう。

「ソフトバンク光は速い」という意見

「ソフトバンク光は遅い」という意見

このようにソフトバンク光には速いと感じるユーザーもいれば遅い感じる人もいます。比率としては半々程度の印象を受けました。

ソフトバンク光の速度で意見が分かれる理由

なぜ、ソフトバンク光の通信速度は人によって遅いと感じるのでしょうか。各々の詳しい状況を知ることができませんので推測となりますが、その理由を考察してみます。

契約プラン

先述したように、ソフトバンク光には通信速度の異なる複数の回線タイプがあります。したがって、通信速度が遅い回線タイプに契約していれば速度制限により遅く感じてしまう可能性があります。その場合は、回線タイプを変更することが改善するかもしれません。

配線方式

集合住宅でソフトバンク光を利用する際、設備上の理由で共有部分から各部屋へ引き入れる回線が光ファイバーではないことがあります。光回線以外のLAN回線やVSDL(電話)回線といった方式で配線している場合は、光回線レベルの通信速度を実現することは難しいでしょう。

住環境

インターネット回線は複数のユーザーが共有するものですから、近隣にソフトバンク光のユーザーが多ければ回線が慢性的に混み合い、常に低速度になってしまう可能性があります。皮肉なことに人気のない光回線ほど速度が出る、という話もあるほどです。

利用時間帯

利用時間帯、閲覧先の状況など様々な理由により通信速度は変化します。たとえば、夜間はプライベートな時間を過ごす多くの人がインターネットを利用します。結果、回線が混雑し、速度は遅くなるのです。連休シーズンで渋滞している高速道路をイメージしていただければわかりやすいでしょう。

使用機器

通信速度は光回線だけで決まるものではなく、プロバイダやルーターの通信機器、あるいはタブレットやパソコンなどの端末の性能などによっても変動しますつまり、同じソフトバンク光でも使用機器によって速度に差が出ることがあり得るのです。特に年式の古い機器を使用している場合、いくら回線の通信速度が速くても機器のスペックが追いつかずに情報を処理しきれず、通信速度が低下する可能性があります。

ソフトバンクのIPv6高速ハイブリッドは速いと評判

ソフトバンク光では、別途申し込むことで「IPv6高速ハイブリッド」という接続方式を利用することができます。これは2つの接続方式を併用することで、回線が混雑している状況でもスムーズな送信・受信が可能となるシステムです。インターネット上の意見を見ると、このハイブリッド接続を利用している人は軒並み通信速度に満足しているようです。このシステムを知っているか、あるいは使っているかどうかでも賛否が分れるのではないでしょうか。
利用するには「光BBユニット」という専用のルーターを月額500円でレンタルする必要があるものの、ワンコインでインターネット環境がより快適になるのであれば、コストパフォーマンスの高い投資となり得るでしょう。